TOPへ > シャンプー後にカラーリンスでケアをする
シャンプー後にカラーリンスでケアをする

白髪染めに使用するカラーリンスというのは、一般的なヘアカラー染毛剤のように長時間かけて髪を染めてしまうものとは違います。カラーリンスとは、淡いグレーやパープルの色合いを与えることで、白髪を自然に目立たなくさせるものです。また、毛染めに長時間を要しません。シャンプーするときに、普段行うリンスと同じように手軽に使えるのです。ですから、髪を傷めることがなく、リンスとヘアケアの効果を同時に得ることが出来ます。

リンスとは、髪を洗うごとに使用するものですから、カラーリンスを普段使いのリンスとして使用すれば、日常的に白髪のカラーコントロールが可能というわけです。グレー系、ブラウン系などさまざまな色があり、どの色も日本人女性の中年層によく合います。カラーリンスの使用する量については、髪の量だったり白髪の量、また、髪の長さによっても調整が必要です。初めはシャンプーのたびに使用しますが、ある程度色味が定着してきたら、週に2〜3回する程度で良いかと思います。

ヘアカラーの経験がない場合でも、手軽で簡単に使用が可能ですので、白髪が気になるようでしたら、いきなり髪全体を染めることはせずに、まずはカラーリンスに挑戦してみるのも良いでしょう。カラーリンスは使用を止めると、徐々に元々の白髪であった状態に戻っていきます。ヘアカラーとは違い毛の根元だけが目立つというようなこともありませんので、自然な状態を保つことが出来ます。

Copyright (C) 自然に染めることが出来るトリートメントタイプのヘアカラー. All rights reserved