TOPへ > カラーリングが髪に与えるダメージ
カラーリングが髪に与えるダメージ

髪のお洒落を演出してくれる、カラーリング。髪にダメージを与えてしまうから使いづらいといった意見を聞きますが、一体それはなぜなのでしょうか。カラーリングのメカニズムを調べて、ダメージにつながる要因を髪の内部から考えてみましょう。髪への影響を考ることで、自分の髪に合ったカラーリングをしましょう。

ヘアカラーリング剤は、一般的に3種類のものがあります。それぞれのヘアカラーリング剤には特徴があるので、色落ちや髪へのダメージを考えた上で、自分にピッタリのものを選ぶようにしましょう。半永久染毛剤と呼ばれるカラーリンスは酸性染料で、髪の表面付近に浸透しすることで、髪に含まれるタンパク質と結合して染料を行います。シャンプーをすることにより色が落ちていき、2〜3週間くらいで元の髪色に戻ります。キューティクルを守る効果がありますから、髪に美しさと潤いを与えてくれます。髪へのダメージについては非常に少なく、また、アレルギーなどの反応もほぼありません。ただし、染料が地肌などに付着すると取れにくいことがあります。染色の際には十分気をつけて下さい。

おすすめの染色方法ですが、ヘアカラーは、髪への負担が掛かるためにしない方が良いでしょう。カラーリンスであればリンスの効果もありますから髪を傷めずとてもおすすめです。これから染色を考えている方へは、カラーリンスをオススメ致します。

Copyright (C) 自然に染めることが出来るトリートメントタイプのヘアカラー. All rights reserved